, ,

貧乏ワーホリ生活から一転!ダイビングの仕事から永住権ビザ獲得の最初の一歩 海外ラジオ 大粟拓馬(29) オーストラリア

/
<現在編>オーストラリアにワーキングホリデーで来て、パンとケチャップ生活から抜け出すことを目指しケアンズでダイビングの仕事探しを始めた拓馬さん。乗馬、バギーのガイド、レストランの仕事をやりながら、ダイビングカメラマンの仕事を始めて、とんとん拍子で永住権を取得するまでの話をたっぷり語ってます!①セカンドビザ(2年間滞在できるビザ)を取ることに。ここで海外先輩からオーストラリアセカンドビザを考えてる人たちへアドバイス。②乗馬・バギーのガイド、レストランのキッチン補助…変わった仕事がしたかった?ダイビングカメラマンのお仕事も!③永住権を無事取得!考えてみればオーストラリアに来てまだ8ヶ月しか経ってない!すげー!  レッツ再生"Podcastで聞く"を押すとiTunesのページに飛びます。Podcastなら最新話がアップされるとすぐ聞けるようになります!"ダウンロードして聞く"はお使いの携帯やパソコンにラジオがダウンロードできるので、持ち歩いて聞いてね!   ■ちなみに写真はアメリカ横断中の時のもの■たくまさんとは本当にケアンズにいた時よく遊んだなーという思い出ばかりです!だけどこんなに色々バイトしていたとは実は知りませんでした笑まとめてみるとマッサージ師(1ヶ月)→ウーフ(乗馬・バギー)(3ヶ月)→レストランのキッチン補助(3ヶ月)→水中カメラマン(1ヶ月)→永住権8ヶ月早すぎ笑超綺麗な写真が見られるFacebookページはコチラ!!https://www.facebook.com/Takuma-Oawa-872279616162911拓馬さんは以下サイトで写真の販売などもしているので是非みてみてくださーい!…
, ,

学校の先生になる前にしておきたかったこととは?永住権取得までつながったダイビングカメラマン 海外ラジオ 大粟拓馬(29) オーストラリア

/
<過去編>オーストラリアに4年半も住んでいるという拓馬さん。来る前は、体育の教員免許や柔道の初段など様々なことに挑戦してきたそうです。ダイビングインストラクターになることを決意してから、オーストラリア・ケアンズに来るまでの準備、波乱万丈のオーストラリア生活!①「先生」という教える立場になるにあたって。「人生経験豊富な先生になりたい」がきっかけ②ダイビングインストラクター免許取得時にはぼったくられ、(笑)バイトで稼ぎローンを支払いながらオーストラリアへ!③クレジットカード使えない、3日間マック生活、移動中にハリケーン、所持金60セントにまで…壮絶なオーストラリア渡航後2週間の体験記!(笑えない)   レッツ再生"Podcastで聞く"を押すとiTunesのページに飛びます。Podcastなら最新話がアップされるとすぐ聞けるようになります!"ダウンロードして聞く"はお使いの携帯やパソコンにラジオがダウンロードできるので、持ち歩いて聞いてね!   ■たくましすぎワロタww そしてなんとでもなるもんだなーと思った■たくまさんが体育教員免許、柔道初段(黒帯)、レクリエーションコーディネーター、キャンプファイヤーインストラクター、ダイビングインストラクター。などなどカタカナいっぱいの資格をいろいろ持ってるなんて知りませんでした笑現在そんなたくまさんはカナダでカメラ片手にオーロラを追っかけてます。超絶綺麗な写真をFacebookで惜しげもなく公開しているので是非閲覧してみてください!写真見てると大自然に旅いきたくなる! …